ノスタルジーの香り

天然石・原石の手作りジュエリー


「月見草」といえば思い出す1枚の写真があります。父の釣りのお供だったのか、川原を伯母と歩く10歳位の私。その砂利道の両脇には自分より背の高い月見草が無数に立ち生えていました。

「月見草」、「宵待草」となんだかとてもロマンティックに呼ばれていますが、そのすっくとした立ち姿をジュエリーにしてみたら、明るい日差しに輝く、白いシャツの胸元にもぴったりな、キャリアウーマン風のキリリと爽やかな風貌になりました。夏の日の写真の私は日に焼け、砂埃と汗にまみれた疲れた風情だったのに、そんな思い出から出来上がったジュエリーが、上品な一品となったことがなんだか不思議な感じです。「月見草」のロマンティックな由縁はそんなところにあるのでしょうか・・・。


月見草P
¥11,025
SV/シトリン/ピアス


月見草E
¥11,000
SV/イヤリング


月見草N1
¥7,000
SV/40cm+アジャスター5cm


月見草N2
¥15,750
SV/シトリン/50cm+アジャスター6cm


ACN0612-20
SOLD OUT
SV/シトリン/オニキス/へマタイト/60cm+アジャスター5.5cm



■ COLLECTION































■ WORKS